ED治療薬の種類と違いについて

トップページ
お気に入りに追加
  

ED治療薬の種類と違いについて

男性は仕事のストレスが重なったり年齢によってだんだん男性機能が衰えてくるというのはよくあることです。

中折れをしたり勃起を一定時間以上維持することが難しくなったと感じたらまずは専門医に相談するのが良いでしょう。

 

対処が早ければ早いほどED治療薬の効果も出やすいですし、一定期間治療薬を服用していれば再び治療薬無しでも十分な勃起力が蘇って来ます。

 

現在発売されているED治療薬は3種類あります。

一番おなじみのバイアグラに加えて後発のレビトラやシアリスといった治療薬が出ています。

 

それぞれの薬は特徴があり、使用者の状況2よって専門医がもっとも効果的な治療薬を選択して処方することになります。

 

バイアグラの特徴は短時間で効果がでる即効性に優れています。

空腹時に服用しないと効果が出にくいというデメリットがあります。

 

そしてレビトラはバイアグラよりもさらに即効性があると評判の治療薬です。特に空腹時に服用する必要がないことがメリットです。

 

ただし満腹状態にしていると薬効が落ちるとの報告があります。

そしてシアリスですが、これはバイアグラやレビトラと比較すると非常に穏やかな薬の効き方ですが、長時間の持続性があり、24時間から30時間という驚異の持続力があります。

 

服用は性行為の3時間前にしなければいけないのが、デメリットだと言えるでしょう。

このように3種類のED治療薬も、服用時の注意や効果の出方には大きな違いがあることがわかります。くれぐれも自己判断で個人輸入をせずに必ず専門家の指示を仰ぐ様にしましょう。