遅漏の原因とその対策

トップページ
お気に入りに追加
  

遅漏の原因とその対策

イキたくてもイケないという遅漏の悩みは、男性にとっては辛いものです。

遅漏の原因としては、間違ったオナニーをしていることや、アルコール、薬、疲労などが挙げられます。こういった原因をなくすことで、改善できる可能性が高まります。

 

遅漏の原因は単純にオナニーのし過ぎといった場合もあります。

精子を作るためには、ある程度の時間と体力が必要です。そのため、オナニーのし過ぎで射精しにくくなることもあるのです。

 

これを防ぐには、1週間オナニーを禁止することです。海外の研究では、1週間で男性ホルモンのテストステロンが最も濃くなると言われています。

とりあえず1週間、オナニーを我慢してみましょう。意外にあっさり改善するかもしれません。

 

この他、日常的にアルコールを摂取する人は、なるべく控えることで遅漏が改善する可能性があります。

アルコールは、ペニスへの射精の命令を混乱させる原因となるためです。

 

とりあえず、1週間程禁酒してみましょう。アルコールがしっかり抜けることで神経伝達機能が正常になり、遅漏が改善するかもしれません。

 

肉体的に疲れ切っていると射精が難しくなり、遅漏の原因になります。

体が疲れている時は、まずはしっかり休養と取るのがいいでしょう。滋養強壮効果のある精力強壮剤や精力増強サプリを利用する方法もあります。

 

ただ疲労は肉体的なものだけではありません。ストレスやプレッシャーなどからくる精神的疲労も遅漏の原因となることがあります。

 

普段からストレスを溜めないよう心がけましょう。

また、プレッシャーがある場合は、パートナーに協力してもらい、リラックスした雰囲気を作ることが大切です。

 

遅漏の悩みは1人で抱え込まずに、パートナーと2人で解決していくのがベストです。