切らずに行う場合は短くする方法で

トップページ
お気に入りに追加
  

切らずに行う場合は短くする方法で

包茎治療は、本来切除することが基本となっていますが、その方法を利用することに抵抗を持っており、実際にトラブルが何度か起きていることを考えると、やはり切除をすぐに考えることは難しいものです。

 

そこで利用されているのが、短くする方法で包茎治療を行うものです。

切除する部分を、皮膚を短くするような方法を利用して小さくして、包茎状態を解消することを狙います。

 

この方法は仮性包茎でなければ適応できず、ある程度の余裕を持っていないと難しいものです。

 

もし真性包茎の状態になっているなら、この方法を利用することはできません。

先端の部分が広げられないために、短くすることがかなり難しくなっているからです。

 

ある程度広げることができて、しかも縮める長さがそこまで無ければ、包茎治療を切らなくても行えるようになります。

事前にチェックをして貰う必要がありますので、カウンセリングを受けるようにして、実際に切らない治療を受けられるのかを確認しておかなければなりません。

 

もし包茎治療を切らないで行えたのであれば、多少見た目は変な感じになるかもしれませんが、メスをいれることがありませんから、勃起しない状態に陥ったりすることはありません。

 

また、出血などがあまりないので、手術をしてからしばらくは生活が困難になるという話もありません。結構早めに普段の生活を行えるようになりますし、様々な行為を行えるのも早くなっているので、切らない方法も比較的有効です。