最近の包茎の治療法について考える

トップページ
お気に入りに追加
  

最近の包茎の治療法について考える

患者の包茎の状態が、真性包茎なのか仮性包茎なのか、またはカントン包茎なのかによっても、そもそも選ぶことができる手術自体が変わってくるので、一概にどれとは言いにくいのですが、それでもあえてこの包茎治療法が良いというのなら、当然切らない手術法が一番いいと思います。

 

切らない手術法というのは、余っている皮などを根元で糸などで縫いつける事により、剥き癖などをつけるという手術法です。

 

最近では専用の接着剤などで付けるという場合まであります。

この手術法の利点は、とにかく簡単で手術時間が早いところにあり、クリニックによりますが10分くらいで終わったりします。

 

しかも切る手術に比べて大幅に料金が安いと、まさにいいこと尽くしの手術法といえます。

ただし若い時でないとあまり効果がないという事や、そもそも症状が軽くないとできないなどの欠点もありますが・・。

 

そういう意味でもやはり切る手術の方が一般的だと言えますね。

最近はクリニック独自の手術法を持っているクリニックが多いですが、基本的には形などをきちんと測って、それに沿ってできるだけ手術後が残らない様に手術するという形になっています。

 

この手術法だと切ってしまう為に、余った皮が元に戻らないなどという利点がありますが、患部の状態によりオプションが付いてしまい、どんどん手術料金が上がっていく場合があるので注意が必要です。

 

上にも書きましたが、状態により手術法が微妙に変わってくるのが基本としてあるので、クリニックとしっかり話し合って治療法を決めることが、一番重要になってくると思います。